米大リーグは15日、初の黒人選手として1947年の同日にデビューした故ジャッキー・ロビンソンの功績をたたえる「ジャッキー・ロビンソン・デー」を開催した。警察官による黒人射殺事件やアジア系住民に対する憎悪犯罪(ヘイトクライム)が問題になっている米社会で、人種差別と闘い、野球界を超える変革をもたらしたロビンソンの存在に改めて光が当てられた。

各球場では試合前にロビンソンの足跡が動画で紹介された。今シーズンにメジャーデビューを果たしたレッドソックスの沢村拓一投手を含め、選手、審判員らは全球団で永久欠番になっている現役時代の背番号「42」をつけて試合に臨んだ。(共同)