左太もも裏を痛めて負傷者リスト(IL)入りしているレッズ秋山翔吾が、傘下マイナー3Aルイビルの開幕戦に「1番中堅」でフル出場し、4打数無安打だった。それでも「9回を久しぶりに守って、最後まで集中してやれたっていうことはまた1歩前進したことになると思う」と振り返った。

4打席目の七回1死一、二塁の好機でも二ゴロ併殺に倒れるなど打つ方ではいいところがなかった。

途中から雨も降り出す中、守備や走塁では軽快に動き回り「(打撃で)しっかり捉えるのが今後の課題になってくる」と大リーグ復帰に向けて気を引き締めた。(共同)