レッドソックス沢村拓一投手はエンゼルス大谷翔平投手とのメジャー初対決が持ち越しになった。終盤にブルペンで肩を温めたが、出番はなかった。

チームは逆転された直後の7回。大学時代は投打の“二刀流”で、試合前に大谷を「才能を発揮しているのを見るのは素晴らしい」とたたえていたダルベックが逆転2ランを放った。新人王資格を持つ25歳の右打者はファンの声援にベンチから出て応え「特別な瞬間。子どもの頃から夢見ていたこと」と笑った。(共同)