エンゼルス大谷翔平投手(26)が、メジャー自己最長となる470フィート(約143メートル)の特大17号2ランを放った。

1回無死一塁、左腕バビクと対戦し、カウント2-2から真ん中に入ってきたチェンジアップを捉えた。打った瞬間に本塁打と分かる完璧な当たり。ゆっくりとダイヤモンドを回った。

打球速度は111・7マイル(約180キロ)で角度31度。飛距離470フィート(約143メートル)は、4月4日のホワイトソックス戦で放った自己最長の451フィート(約137メートル)を超える特大弾となった。

前日まで2試合連続で1試合3四球。勝負を避けられてきたが、この日は甘く入ったボールを逃さずに捉えた。

試合後、大谷は球団を通じてコメント。「いいホームランで、いいスタートが切れて良かったです」と話した。

この日は3打数2安打2打点で、今季の打撃成績は打率2割6分1厘、17本塁打、44打点で9盗塁。投手では8試合の登板で2勝1敗、防御率2・76の結果を残している。次回は11日(同12日)のダイヤモンドバックス戦に登板予定で、ナ・リーグの本拠地で行われる交流戦のため、投打のリアル二刀流で出場する。

▼大谷が今季17号。日本選手が前半戦(オールスター戦の前)に放った本塁打数では、過去最多の04年松井秀喜(ヤンキース=17本)に並んだ。04年松井秀は日本選手のシーズン最多31本をマークしているが、大谷の現時点での年間ペースは45本。

▼大谷が470フィート(約143メートル)のメジャー自己最長弾。今季440フィート(約134メートル)以上の特大弾は4本目で、両リーグでもタティス(パドレス)の5本に次ぎ2位タイ。MLB公式スタッツによると、左打者が左投手から放った本塁打では19年以降で3番目の飛距離。現システムのスタットキャストが導入された15年以降、これまでエンゼルスで470フィート以上の特大弾を放ったのはトラウトだけだった。トラウトは最長486フィートを含む4発記録。