エンゼルス大谷翔平投手(26)の次回登板は中5日で23日(同24日)、本拠地でのジャイアンツ戦に決まった。球団が公表した。相手の先発予定はガウスマン。今季8勝1敗、防御率1・51と好成績を残している右腕との投げ合いとなる。

19日の試合終了時点でジ軍は貯金19。昨年まで7年連続でナ・リーグ西地区を制覇したドジャースを上回り、首位を快走している。チーム本塁打数はリーグ1位で、大谷は強打の打線相手に4勝目を目指す。

前回17日(同18日)のタイガース戦は投打のリアル二刀流で出場し、今季10試合目の先発で6回5安打1失点で3勝目。チームの連敗ストップに貢献した。

今季の成績は投手では3勝1敗、防御率2・70、53回1/3を投げ、73奪三振。打者では打率2割7分2厘、22本塁打、52打点、10盗塁の結果を残している。