米大リーグで労使関係に関わる全活動が止まるロックアウト突入から一夜明けた2日、大リーグ機構(MLB)のマンフレッド・コミッショナーが記者会見し、「両者は再びテーブルに着き、合意に至ると思う」と述べ、選手会との新協定を巡る交渉が来年3月31日の開幕までに妥結する可能性について楽観的な見通しを示した。

ロックアウトが実施されたことでエンゼルス大谷翔平投手らの顔写真が球団公式サイトから削除され、現役選手に関する記事なども消えた。コミッショナーによると労使間の法律上の問題に抵触するためだという。

両者はフリーエージェント(FA)の権利取得条件や収益分配の見直しなどで対立。期間中は選手が球団と契約を結ぶことができず移籍市場は停滞する。

全国紙USAトゥデー(電子版)は、同じく会見した選手会のクラーク専務理事が「収益面で鍵となる複数の案を提示したが、その点について対案が示されることはなかった」とMLB側の姿勢を批判するコメントを紹介した。(共同)