パイレーツの筒香嘉智内野手(30)は3打数無安打に終わった。

0-1の4回1死三塁で右翼へ高いフライを打ち上げたが、タッチアップした三走のボーゲルバックが、カブス鈴木の強肩に本塁で刺されて併殺に。鈍足な走者は責めず「高いフライアウトが多い時はいい傾向。それが出ているということは良くなってきている」と話すにとどめた。

同地区のカブス相手に2連敗を喫し「もちろん雰囲気は良くない」と悔しそうだった。