エンゼルス大谷翔平投手(28)が、オールスター前の前半戦ラスト登板に臨む。「1番DH兼投手」で出場。ア・リーグ西地区首位を独走するアストロズ打線とは今季3度目の対戦で、ここまで2試合は1勝1敗、防御率0・84の結果となっている。

試合前、敵将のベーカー監督は「大谷はオールスター選手ではなく、メガスターだ。トップクラスの攻撃的選手で、トップクラスの投手の1人」と絶賛した。19日(日本時間20日)にロサンゼルス・ドジャースタジアムで行われる球宴で、2年連続となる投打二刀流での出場が期待される大谷。先発候補に入っているかとの問いに同監督は「おそらくね」と話した。