レンジャーズとマイナー契約を結んでいる有原航平投手(30)が、16日(日本時間17日)にメジャーに昇格し、本拠地アーリントンでのアスレチックス戦で今季初登板する見込みとなった。

代理人のジョエル・ウルフ氏が15日、ワシントンで取材に応じ「聞いている限りでは明日投げる。好投して、その後も残ってくれればいい」と語った。移籍1年目の昨季は右肩手術で離脱。その後、戦力外となり、今季は3Aラウンドロックで18試合に登板し、3勝6敗、防御率4・88。レ軍はこの日、ウッドワード監督を解任。残りの試合はビーズリー三塁コーチが代行を務める。チーム再建に着手し、有原の昇格が決まったものとみられる。