ブレーブスは16日(日本時間17日)、新人のマイケル・ハリス外野手(21)と2030年まで8年7200万ドル(約97億20000万円)で契約延長したと発表した。31、32年は球団オプションで、行使されると10年総額1億200万ドル(約137億7000万円)となる。

ハリスは地元ジョージア州出身で、ストックブリッジ高から19年ドラフト3巡目でブ軍入団。メジャーに初昇格した今季は71試合で打率2割8分7厘。12本塁打、39打点、13盗塁、OPS・825と活躍している。

ブ軍はライリーを32年まで、オルソンを30年まで、アクーニャとグリッソムとは28年まで、アルビーズ、ストライダー、コントレラスは27年まで抱えることができる。ハリスとも長期契約を結んだことで、今後数年間は盤石とみられている。