ナショナルズ戦に「4番右翼」で出場したカブス鈴木誠也外野手(27)は、4打数1安打1打点1四球だった。

6-5と1点を勝ち越し、なお延長11回無死二塁の状況で、中前へ貴重な追加点となる適時打。「走者が得点圏だったので、しっかり積極的にいこうかなという気持ちでいたので良かった」。1回無死一塁からの守備では右飛を捕球後、素早く一塁へ送球。ハーフウエーから帰塁しようした一走をアウトに仕留め、今季3個目の補殺を記録した。試合はカ軍が競り勝った。