エンゼルスは先発した左腕パトリック・サンドバル(25)が4安打無四球、9三振を奪い、プロ初完封で今季4勝目を挙げた。わずか97球で「マダックス」と呼ばれる100球未満の完封。エ軍では16年ノラスコ以来6年ぶりの快挙となった。「いつもなら4回で97球に達してしまうのに。ストライクゾーンに気持ち良く投げられた」と喜んだ。

エ軍投手の完投は、5月10日レイズ戦のデトマーズ(ノーヒットノーラン)に次いで今季2人目。複数投手が9回を完投した球団は、レッドソックス(3人)に次いで今季2球団目。複数投手の完封は今季唯一。

継投も含めたチームでの完封勝利は今季14度目で、ア・リーグではヤンキースと並ぶ最多タイ。