米大リーグ、メッツ傘下のマイナー、3Aシラキュースの加藤豪将内野手は28日、今季最終戦のリーハイバレー戦に「5番・一塁」で出場し、3打数1安打、1四球だった。チームは3-4で敗れたが、3回に四球で好機を広げ、7回には左前打。「いい感じで終われた」と振り返った。

今季はブルージェイズでメジャーに初昇格し、初安打も記録。「メジャーでできるというのが確信でき、自信になった」と手応えを口にした。プロ野球日本ハムの新庄剛志監督がドラフトでの指名に興味を示したと報じられたことには「3Aの選手を追ってくれているだけでもうれしい」としながら「今のことだけ考えている」と話した。

今後はプレーオフ進出を決めたメッツへの昇格を目指し、準備するという。(共同)