パドレスのダルビッシュ有投手(36)が6回3失点で8敗目(16勝)を喫し、自身の連勝は「6」でストップした。

4回に逆転され、6回にも1失点。「体の動きも良くなかったし、球の切れも良くなかった。ピンチも結構多く、なんとか我慢してという投球だった」と振り返った。8月18日以来の黒星も8試合連続、リーグトップとなる25試合目のクオリティースタート(6回以上、自責3以内)をクリア。パ軍のポストシーズンへのマジックは残り5試合で「3」のままとなった。