カブス鈴木誠也外野手(28)がWBC出場について年内に結論を出す考えを示した。27日、那覇市内でのイベントで取材に応じ、来春開催のWBCに「出たい気持ちはもちろんある。僕の意見だけを突き通せる立場ではないので、しっかり考えながら答えを出したい」と述べ、球団と協議して年内に結論を出す姿勢だ。

8月に侍ジャパン栗山監督がシカゴを訪れた際に食事をし、好印象を持ったという。「球団としては給料を払っているので、そこでけがをしてほしくないとか、いろいろ考えがあると思う。しっかりすり合わせて、お互いが納得して出られるところが一番いいと思う」と慎重に話した。