MLB公式サイトは21日、今季レギュラーシーズン最後となる最新の「先発投手パワーランキング」を発表。メッツのルーキー千賀滉大投手(30)が前回の5位から3位にランクアップした。

記事では、同選手を「NPBからMLBに移った千賀が、シーズン序盤に適応期間を要したのは当然のこと。しかし、それほど時間はかからず、20日マーリンズ戦前時点で27試合で防御率2・95。彼はサイ・ヤング賞と新人王の両方を狙えて当然の選手だ」と評価した。

1位は前回と変わらずブレーク・スネル(パドレス)が守り、2位はゲリット・コール(ヤンキース)が3位からランクアップ。以下、4位はジャスティン・スティール(カブス)、5位はソニー・グレイ(ツインズ)、6位はフレディ・ペラルタ(ブルワーズ)、7位はスペンサー・ストライダー(ブレーブス)、8位はブランドン・ウッドラフ(ブルワーズ)、9位はルイス・カスティーヨ(マリナーズ)、10位はローガン・ウェブ(ジャイアンツ)。