翔平君、勝ちたいならウチの球団に来ないか。今季8勝、通算62勝のブレーブスの左腕、マックス・フリード投手(29)が28日(日本時間29日)に配信された番組「ファウル・テリトリー」で、エンゼルスからFAとなっている大谷翔平投手(29)に移籍加入を勧めた。

選手会の代表でもあるフリードは最初に「翔平は信じられない選手で、信じられない才能だ。誰もが興奮する。とても選ばれた投手でありながら、45本も本塁打を打つ。ゲームを変える存在だ」と大谷を絶賛した。その上で「(ブレーブスは)競争的で、いい環境だ。すばらしいケミストリーがある。みんな試合で役割を分かっている。もし君が勝ちたいなら、いい場所だ」と、移籍先として推薦した。

ブレーブスは今季30球団で最多の104勝を挙げ、6年連続でプレーオフに進出している。