【ナッシュビル(米テネシー州)5日(日本時間6日)=四竈衛、斎藤庸裕】大本命が堂々と沈黙を破った。ドジャースのデーブ・ロバーツ監督(51)が、エンゼルスからFAとなっている大谷翔平投手(29)と数日前にドジャースタジアムで面談を行い、大谷獲得が「トップ・プライオリティ」であることを明言した。歴史的FAの争奪戦で大本命とみられているド軍だが、大谷サイドから情報漏えい禁止のかん口令を敷かれる中で大々的に公表。ベールに包まれてきた各球団との交渉の状況に、一石を投じた。

   ◇   ◇   ◇

ブルージェイズは、ドジャースとは対照的に、大谷との交渉をはぐらかした。前日にフロリダ州の球団施設で面会したとみられるシュナイダー監督は大谷について「素晴らしい選手」と笑いながら一般論で返答したが「以上です」と具体的な言及は避けた。米最南端のフロリダだけに、日焼けの指摘には「フロリダに住んでいるからね」とかわした。アトキンスGMも大谷の決断時期に「話すことを遠慮したい。我々が候補の1つに入っていることは幸せだ」と話すにとどめた。

ファンが「状況証拠」を示した。3日夜エンゼルスのあるアナハイムからブ軍施設に最も近い空港へプライベートジェットが飛び、4日午後に戻った飛行情報をSNSで公開。GMがメディアとのリモート取材を受けた50分後、同空港からウインターミーティング開催中のナッシュビルへもジェット機が飛んでいた。

地元紙「トロント・サン」のロブ・ロングリー記者は「選ばれることを待つ番組『バチェラー』に似ているね」と北米で人気の恋愛リアリティー番組に例えた関係者の話を紹介した。ブ軍は大谷サイドの意向に沿って沈黙しながら、成就へ全力を尽くす。