カージナルスは6日、昨季限りで現役を引退したモリーナが球団の編成本部長特別補佐に就任すると発表した。メジャーとマイナーを巡回する役割を担う。

モリーナはカージナルス一筋で19年間、名捕手として活躍。今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、8強だったプエルトリコ代表の監督を務めた。(共同)