ヤンキースはソト&山本由伸と投打の注目選手両取りを目指す。6日、パドレスから4年連続シルバースラッガー賞のフアン・ソト外野手(25)を2対5の超大型トレードで獲得を発表した。今季35本塁打のソトに13発のトレント・グリシャム外野手(27)を獲得し、今季4勝6セーブのマイケル・キング投手(28)9勝のジョニー・ブリトー投手(25)カイル・ヒガシオカ捕手(33)に若手有望株投手2人を放出した。

投手の大量放出は、山本獲得へ自信の表れだ。地元テレビ局SNYは、来季総年俸が球団史上初めて3億ドル(約450億円)を超えるラインまで引き上げる方針と報じた。名門ヤ軍は今季、7年ぶりにプレーオフ進出を逃した。前日には宿敵レッドソックスからバードゥーゴ外野手も獲得。なりふり構わぬ金満補強は、山本取りで完成する。