カブスからフリーエージェント(FA)となったヘイメル・カンデラリオ内野手(30)が、レッズと3年総額4500万ドル(約67億5000万円)の契約に合意したようだ。

匿名の情報筋は7日、両者の契約締結はメディカルチェックの結果待ちという状況だとコメント。球団オプションが含まれており、4年総額で6000万ドルとなる可能性があるという。

カンデラリオは2016年にカブスでデビューし、翌年途中にタイガースへ移籍。18年には144試合で19本塁打を放った。21年には打率2割7分1厘、16本塁打、67打点、OPS・795、リーグトップの42二塁打を記録。しかし、昨季は打率2割1分7厘と低迷し、シーズン終了後にFAとなった。今季はナショナルズとカブスで合わせて140試合で打率2割5分1厘、22本塁打、70打点の成績だった。

ジョナサン・インディア、エリー・デラクルス、 マット・マクレーン、ノエルビ・マルテ、クリスチャン・エンカーナシオンストランドら、内野手の層が厚いレッズ。カンデラリオは一塁と三塁を守れるが、指名打者としてラインアップに名を連ねる可能性もある。(AP)