エンゼルスのローガン・オハピー捕手(23)が8日(日本時間9日)、今季バッテリーを組み去就が注目されている大谷翔平投手(29)について語った。

米専門テレビ局MLBネットワークのトークに出演。大谷とバッテリーを組むことがどんなものなのかを聞かれると、開口一番に「ものすごく細かい。本当に細かい」と繰り返した。さらに「彼の言葉を1秒も逃さないように聞いている。彼が試合にどう臨むかを聞くのは面白いし、勉強になっている」と話し、大谷とトラウトという球界2大スターと一緒にプレーする感想を問われると「彼らは人としても素晴らしいよ。僕がトレードで移籍してきたとき、すぐに打ち解けられてチームメートになれた」と振り返った。

オハピーは2022年8月にフィリーズからトレードで移籍し、同年9月28日にメジャーデビュー。今季は肩を痛めて長期離脱したため大谷とのバッテリーは5試合にとどまっている。だが信頼関係を築き、数日前には大谷と同じ代理人事務所CAAと契約したことが発表されるなど仲の良さが伝わっている。