米大リーグは20日、各地でキャンプが行われ、レッドソックスの吉田正尚はフロリダ州フォートマイヤーズでの実戦形式の打撃練習で2打席に立ち、安打性の当たりを1本放った。ジャイアンツとマイナー契約を結んで招待選手の筒香嘉智も、実戦形式の打撃練習を行った。

カブス勢は鈴木誠也がマシン打撃で汗を流し、今永昇太がキャッチボールで21日の実戦形式での登板に備えた。メッツの藤浪晋太郎はブルペンで41球を投げ、千賀滉大は軽めの調整。ブルージェイズの菊池雄星やアスレチックスの招待選手の冨岡は、ダッシュなどで体を動かした。

大谷翔平と山本由伸のドジャースは休日だった。(共同)