ドジャース大谷翔平投手(29)が21日(日本時間22日)、今キャンプ2度目のライブBP(実戦想定の打撃練習)に臨み、2打席で四球と二ゴロの結果だった。

右腕ハドソン、左腕ヤーブローと順々に対戦。スイングしたのは1度で、タイミングを崩された二ゴロだった。

ロバーツ監督が前日、開幕までに50打席を必要としていることに関して、大谷は打撃練習後に取材対応を行い、「十分間に合うと思います。ビジョン(シミュレーション)でも入れる、今も5打席くらい打ってきましたけど、早い段階でトータルでは50にいくんじゃないかなと思います」と話した。

右肘のリハビリを進めながら、3月20日の開幕戦(韓国・ソウル)で打者復帰を目指す。状態については「感覚も良かったですし、肘の感じも。実際に振ってみて、あまり気になることはないので、今のところはまぁ、順調に来てるかなと思ってます」と明かした。

ロバーツ監督は予定より早い仕上がりとも話していたが、大谷は「スケジュール通りには来てますし、スケジュール通りよりかは、感覚がいいっていうのはすごくいいことだなと思いますし、特に早まっているっていう感じではないので。予想通りの感じで、安心してるところはあるかなと思います」と前向きに語った。