メッツ千賀滉大投手(31)が、腕に疲労が出たため検査を受けるとカルロス・メンドサ監督が21日(日本時間22日)明らかにした。

千賀は20日にブルペンで投球練習を行い、一夜明けた21日はチーム練習に参加していなかった。同監督は練習後の会見で「昨日投げて、今日になり腕が全体的に疲労していると言ってきた。トレーナーがチェックをする。詳しいことはこれから分かる」と話した。

千賀は昨季、ソフトバンクから5年総額7500万ドル(約113億円)でメッツに移籍。メジャー1年目は球団の配慮でゆとりある登板間隔で登板し、ケガで離脱することは1度もなかった。29試合に登板し12勝7敗、防御率2・98の好成績を挙げ、新人王争いで2位、サイ・ヤング賞で7位の票を得た。今季は先発ローテのエースとして期待されている。