カブス鈴木誠也は打撃練習で柵越えを連発した。「意図していたわけじゃないけど、練習で打球が上がるのはいいこと」と手応えを口にした。

前日の実戦形式では、同僚の今永から空振り三振を喫した。打席に立つ前は「外の真っすぐしか投げない」と言われていたそうだが、実際には変化球で追い込まれ、最後は内角へ速球をずばり。「危ないと思って逃げながら、ファウルでいいと思って振ったら当たらなかった」と振り返った。(共同)