レイズ招待選手の上沢直之投手が初めて実戦形式に登板し、のべ9打者に対し32球を投げて安打性の当たりは2本だった。

7球を空振りさせ「まっすぐで空振りが取れたし、カーブとスプリットで空振りも奪えた」と手応えを口にした。課題は「ピッチコム」の操作。投球間の時間制限もあるため「急がなきゃという気持ちがあって(腰につけた)ボタンを何回も押し間違えた」と苦笑いした。