米大リーグ、パドレスに今季加入した松井裕樹投手が腰の張りを訴え、25日に予定されていたカブスとのオープン戦登板を回避した。シルト監督は24日の練習中に痛めたことを明かし「少し良くなってきたが、日々様子を見ていくことになる」と語った。

プロ野球楽天で通算236セーブを挙げ、海外フリーエージェント権を行使して移籍した救援左腕の松井は、22日のドジャース戦でオープン戦初登板し、1回を3者三振と好投していた。(共同)