ドジャース大谷翔平投手(29)が、華麗な足技を披露した。キャンプ16日目の25日(日本時間26日)、ライブBP(実戦想定の打撃練習)で打席に立ち、その後にフィジカル強化のメニューをこなした。メディシンボールを高く上げるトレーニングを繰り返す合間には、右足にボールを乗せ、うまくコントロールしながら体のバランスを保った。

リラックスした様子で、笑いもあり。メディシンボールを高く上げる動作を水原一平通訳や球団スタッフも試したが、重くてなかなか高く上げられなかった。これには大谷も満面の笑みを見せ、楽しそうに体幹強化のトレーニングを終えた。

この日のライブBPでは中継ぎケリーとの対戦で見逃し三振、キャンプ招待選手の右腕ハーンと2打席で左飛、見逃し三振に倒れ、3打数無安打だった。

また、ホームゲームで開催されたアスレチックスとのオープン戦後、球団は大谷が27日(同28日)のホワイトソックス戦で実戦復帰することを公表した。