メジャー3年目のカブス鈴木誠也外野手(29)が「2番右翼」でオープン戦に初出場し、2打数1安打と初安打を放った。

第1打席は内角のツーシームに詰まらされて二飛に倒れたもものの、第2打席にはカウント2-0から真ん中高めのカーブを捉え、三遊間を破る痛烈な左前打を放った。

4回の守備後、交代した。

今季初の対外試合となったこの日のテーマは、「積極的に振る」ことだった。2打席ともボール先行後のストライクをスイング。試合後は「ファーストストライクからどんどんとりあえず振って行けてますし、まだ間合いだったり、感覚は良くないですけど、今日は安打どうこうというよりは、どんどん振れたのが良かったと思います」と、冷静に振り返った。