ドジャース大谷翔平投手(29)が、新天地でのオープン戦デビューで初アーチを放った。「2番DH」で出場し、5回2死二塁の第3打席で左翼への2ランを放った。

逆方向へ運んだ衝撃の「移籍1号」に、SNSでは「オオタニサン」「ホームラン」「大谷くん」などとともに「レフトフライ」がトレンド入り。

「普通にレフトフライかと思った笑」「普通ならレフトフライやん。大谷選手のパワー」「完全に詰まっていてレフトフライかと思った ホームランやばすぎ!」などのコメントが集まった。

大谷は試合後、本塁打になると思ったかの問いに「(打球が)高いかなと思ったんですけど、(空気が乾燥している)アリゾナでどうかなというところだったと思います」と話した。

【動画】大谷翔平いきなり衝撃弾 観客総立ちの中、笑顔でホームイン