ドジャース大谷翔平投手(29)が、実戦復帰でいきなり1発を放った。「2番DH」で出場し、2打席凡退で迎えた第3打席、カウント3-2から右腕リオーネの95マイル(約153キロ)直球を左翼へ打ち上げ、そのままフェンス越え。驚きの声が上がる衝撃弾だった。

ロバーツ監督は試合後、大谷の復帰戦を振り返り、「とてもスペシャルだ。彼はフライボールを打ったが、それがスタンドに入った。みんながエキサイトしていたと思う」と目を細めた。ドジャースのユニホームを着用して初の実戦で3打数1安打2打点。同監督は「驚くべきこと。彼のキャリアにとっても、とても大きな瞬間になっているはずだ。最初のライブBPでも本塁打を放ち、実戦でも本塁打を打った。これから、もっともっと打つ、そんな感じがするね」と期待を膨らませた。

【実際の動画】大谷翔平、左翼へ衝撃のドジャース1号