右肩の問題で出遅れているアストロズの41歳右腕ジャスティン・バーランダー投手だが、ブルペンでの投球練習から一夜明けた28日の状態はすこぶる快調のようだったとジョー・エスパーダ監督が明かしている。MLB公式サイトが伝えた。

バーランダーは今後、可能なら3月1日か2日に再びブルペン入りする予定。順調に行けばその後すぐに実戦形式の打撃練習に登板する可能性が出てくるという。

アストロズのダナ・ブラウンGMは「バーランダーはベテランだが、自分の体のことはよく分かっているということを忘れてはいけない。その彼が少し調整を遅らせた。きっと大丈夫だろうと私は思っている」とコメント。バーランダーが開幕ローテーション入りする可能性を否定しなかった。