カブス鈴木誠也外野手(29)がブルワーズ戦に「2番右翼」で出場し、2試合連続安打となる二塁打を放って3打数1安打1得点だった。

鈴木は初回1死走者なしの第1打席で、先発左腕ザストリズニーの初球を左翼線に転がし二塁打とした。左翼手のミスで三塁まで進み、その後の暴投の間に先制のホームを踏んだ。3回の2死走者なしの第2打席は見逃し三振、5回の1死一、二塁の場面では再び見逃し三振を喫し、直後の守備で交代しベンチに下がった。

鈴木はオープン戦初出場となった26日のロイヤルズ戦で左前打を放っており、これで2試合連続安打とした。