レイズとマイナー契約を結んだ上沢直之投手がオープン戦初登板。2回を投げ2本塁打を含む8安打7失点と打ち込まれた。

0-4の3回からマウンドへ。先頭打者のオスナに左前安打。1死を取ったがフレッチャーに左二塁打されるとエバンスに2点適時二塁打を許した。さらに死球、適時打などで2死一、二塁からウォールに左越え3ランを浴びた。この回は打者一巡の猛攻を受け6失点。

4回も続投。先頭のオスナに左越えソロを被弾。その後2安打されたが併殺などで何とかこの1失点に抑えた。

2回8安打7失点。奪三振1、与死球1のほろ苦いオープン戦デビューとなった。