日本に急きょ帰国したメッツ藤浪晋太郎投手(29)が、今週末中にチームに再合流すると、カルロス・メンドザ監督が2月29日(日本時間3月1日)明かした。

藤浪はキャンプ初日の2月14日にメッツと正式に契約。キャンプイン後はブルペンで投球練習を行ったが、実戦形式の登板をスタートする前の同月23日に急きょ一時帰国した。球団は個人的な事情と発表し、ビザ取得も兼ねての帰国だとも伝えられていた。

同監督は、藤浪がオープン戦の試合に登板するまでどれだけの時間が必要か問われ「投球練習は続けていたと聞いているが、戻ってきてみないと分からない。オープン戦に登板する前にブルペンで1、2度投げ、その次にライブBPで投げることになる。先のことは、それからだ」と話した。

藤浪はメジャー1年目の昨季、阪神からアスレチックスに移籍し、7月にはオリオールズに再移籍。2球団で7試合の先発を含む64試合に登板し7勝8敗、2セーブ、防御率7・18だった。