レイズ招待選手の上沢直之投手はブレーブス戦に3回からオープン戦初登板し、2回で2本塁打、8安打7失点と炎上した。「いろいろイレギュラーなことが起きた」と首をひねった。

昨季40本塁打の先頭オズナと対する際にサイン伝達機器「ピッチコム」が自分の物ではないと気付いた。意思疎通できずに「焦った」。交換したが三塁強襲安打を打たれ、その後も立て直せなかった。内角を攻められなかったことが一因と分析し「ちょっと力が入り過ぎたところがあった。次の試合ではしっかり修正したい」と誓った。