ドジャース大谷翔平投手は今後の実戦調整について言及した。

28日のホワイトソックス戦出場後は2戦連続で出場を見合わせた。「連チャンで出ることよりも、まず強度を保つ。あとはトータルの打席数を増やすというのがメインなんで、そこまで連続で出るということには重きを置いていないかなと思います」と当面は一定の間隔を空けて臨む方針。開幕まで50打席を目安としていたが、ライブBP、映像ビジョンを使用したシミュレーションも含めて現在は約20打席だという。「すぐ50はたぶん超えるんじゃないかなと思います。多めになる分には構わないと思っているので、できる限りいい調整を続けたい」と話した。