腰の張りを訴えているパドレス松井裕樹投手が1日(日本時間2日)、約1週間ぶりにグラウンドで調整した。トレーナーに付き添われ、約30メートルの軽いキャッチボールなどを行った。取材対応はなかったが、表情は明るかった。

シルト監督は「日に日に動きは良くなっている。復帰に近づいている」と話した。(ピオリア共同)