ドジャース大谷翔平投手(29)が「2番DH」で出場し、第2打席で先制の右前適時打を放った。

3回1死二塁、元巨人の右腕ビーディと対戦。フルカウントから内角高めの速球を引っ張り、二塁手のグラブをはじいて右前に運んだ。

昨年、巨人で開幕投手を務めたビーディとは2打席対戦。大谷との対戦を振り返ったビーディは「大谷に対してすごく尊敬している。四球を与えた後、彼に『オメデトウゴザイマス』と言ったんだ。彼は結婚したみたいだから。聞こえてなかったかもしれないけど。でも、おめでたいことだからね。対戦できて良かった。今後も対戦できたらいいね」と笑顔で語った。

同投手は昨年、開幕投手を務めたことに「とても大きな名誉なことだった。ジャイアンツで開幕投手を務められる外国人投手は少ない。同僚みんなと交流し、言語を学べたことはとても楽しかった」と振り返った。日本でのプレーを懐かしみながら、覚えた日本語を披露。少し間を置いて「神様と、家族と、ファンあっての私です」と話した。

【動画】大谷翔平、結婚発表後初打席!向けられたスマホの数がエグイ!!