ブルージェイズからFAとなり、今オフの注目FA選手の1人だったマット・チャプマン内野手(30)が、ジャイアンツと3年総額5400万ドル(約81億円)で契約合意した。

1日、米紙ニューヨーク・ポストのジョン・ヘイマン記者が伝えた。年俸は1年目が2000万ドル(約30億円)、2年目が1800万ドル(約27億円)、3年目が1600万ドル(約24億円)。1、2年目シーズン終了時にそれぞれオプトアウトが付く。

チャプマンは17年にアスレチックスでデビューし、主力三塁手として活躍。1年目から14本塁打を放ち、19年には自己最多36本塁打を放ってオールスターに初選出された。22年3月にブルージェイズにトレード移籍。昨季は140試合で打率2割4分、17本塁打、54打点、OPS・755をマークし、自身4度目のゴールドグラブ賞を受賞した。メジャー通算7年で打率2割4分、754安打、155本塁打、426打点、OPS・790。