カブス鈴木誠也外野手(29)は2試合連続で無安打に終わったものの「打席に立った感覚や、ボールの見え方は悪くない」と気にした様子はなかった。

3回の第2打席は大飛球を背走した中堅手に追いつかれ「力を入れて打ちにいったが、バットの先だった」と残念そうだった。2月19日のキャンプインから休みがないハードな日程だが「明日はゆっくりしていいと言われているので、大丈夫」とリフレッシュに努める。