腰の張りで全体練習を外れているパドレスの松井裕樹は、キャッチボールや軽いランニングなどで調整した。患部を気にするような様子もなく、ボールの勢いは日に日に増している。

シルト監督は「キャッチボールの強度を上げ、状態は前向きに進んでいる」と説明。全体練習復帰は近そうだ。(共同)