ドジャースは4日、デビュー2年目のアンドレ・リプシウス内野手(25)をタイガースから金銭トレードで獲得したと発表した。獲得に伴い、40人枠を空けるためにクレイトン・カーショー投手(35)を60日間の負傷者リストに移した。

リプシウスは19年ドラフト3巡目(全体83位)でタイガースから指名され契約。昨年9月1日のホワイトソックス戦でデビューし、昨季は13試合で打率2割8分6厘、1本塁打、4打点だった。マイナー3Aでは通算144試合で打率2割8分1厘、14本塁打、82打点、OPS・800。主に二塁手と三塁手だが、一塁や遊撃、外野も守れるユーティリティーで、守備のバックアップとしてマイナーで控える見込みだ。