オリックス福良淳一監督(58)が今季限りで辞任することが25日、分かった。球団は9月に入ってから来季の続投を要請していたが、チームの成績不振を理由にこれを固辞。福良監督は「勝負の世界だから。選手も真剣にやっている。ファンも真剣に応援してくれている。これで来年もやりますと言うわけにはいかない」と、その思いを口にした。

福良監督は2015年に当時の森脇浩司監督(58=現中日野手チーフコーチ)の休養を受けて代行監督に就任した。正式に監督となって3年目の今季は後半戦に主力選手の相次ぐ離脱、得点力不足もあって失速。前日24日にはロッテに敗れて4年連続のシーズン負け越しが決まっていた。