セ・リーグで2011年に最優秀選手(MVP)に輝いた中日の浅尾拓也投手(33)が今季限りで現役を引退することが26日、分かった。同日午後に記者会見を行う予定。近年は右肩の故障などに苦しみ、12年目の今季はわずか9試合の登板にとどまった。

愛知県出身。日本福祉大から07年、大学生・社会人ドラフト3巡目で中日に入団。10、11年と2年連続で最優秀中継ぎ投手賞を獲得し、球団初のリーグ2連覇に貢献した。11年はMVPに選ばれ、先発で登板機会のなかった投手としては初のゴールデングラブ賞も受賞した。

通算成績は登板415試合で38勝21敗23セーブ、200ホールド、防御率2・42。