楽天は10日、グループ会社が運営するプロ野球東北楽天とサッカーJ1ヴィッセル神戸の各本拠地スタジアムで、今シーズンからチケットや飲食物、グッズなどの販売に現金を受け付けず、完全キャッシュレス化すると明らかにした。

来場者の利便性向上やキャッシュレス決済の普及拡大を狙う。スタジアムでのこうした取り組みは初めてとみられ、楽天の担当者は「会計が円滑になり、購入者が売り場に並ぶ列を解消できれば」と期待を寄せている。

使用できる決済方法は、QRコードを読み取るスマートフォンのアプリ決済サービス「楽天ペイ」、電子マネー「楽天Edy(エディ)」、クレジットカードなどとする。