広島は10日、巨人にFA移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償で加入する長野久義外野手(34)の背番号が5に決まったと発表した。

鈴木清明球団本部長(64)は「空き番号の5と9から本人が選んだ」と説明。理由について「本人から(中堅候補の)野間が将来的につけたほうがいいのでは、という配慮があった。5はイメージがあまりないのでいい番号ではないか」と話した。9は昨季まで丸が背負っていた。

長野は巨人時代7を背負ったが、心機一転のスタートとなる。