日本代表に招集された京田を欠いた影響もあり、中日与田監督は「昨年もそうしていたし、いろいろな形を見たい」と平田を1番右翼で起用した。

平田は1回に「攻める気持ちは強かった」といきなりフェンス直撃の中越え三塁打を放ち、先制点の足掛かりをつくった。今季からバットの素材をアオダモからメープルに変更し、形状も試行錯誤しながら実戦での感覚を調整中だ。「だいぶ良くなってきている」とこの日で自信を深めたバットが、6回の打席で折れた。しっくりきていただけに「どうしようかな」と困り顔だった。