惜敗の立大にあって、昨夏に史上初となる2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭高出の新人、山田健太の初本塁打は収穫だった。

6回に代打で内角低めの速球を左翼ポール際へ運ぶ2ラン。「甲子園と違う歓声で気持ちよかったが、負けて悔しい」と話した。

高校時代は二塁手。今季は一塁のポジションを先輩と争う。高校の同期は根尾(中日)藤原(ロッテ)らがプロ入り。山田は「チームとしては日本一、個人としては4年後にプロに行けるように努力したい」と目標を掲げた。